RWD

レスポンシブ・ウェブ・デザインを構築いたします。

レスポンシブ・ウェブ・デザイン(Responsive Web Design)とはWEBサイトを閲覧するデバイス(例えば、デスクトップPC、ノートPC、iPadなどのタブレット、スマートフォンなど)によって、コンテンツの表示を最適化する手法で現在多くのWEBサイトで導入が進んでいます。特に画面の小さなスマートフォンなどで通常のWEBサイトを見ると文字が小さくなり、テキストリンクやボタンなどが非常にタップしずらく使い勝手が悪くなってしまいます。そこで従来はスマートフォン専用のWEBサイトを立ち上げることが一般的でしたが、PC用のサイトとスマートフォン用のサイトの2つのサイトを運用することは非常に手間がかかり、運用面でのコスト高がネックとなっていました。

そこで最近注目され多くのWEBサイトでの導入が進んでいるのがレスポンシブ・ウェブ・デザインです。
レスポンシブ・ウェブ・デザインでは閲覧するデバイスの解像度によって表示を最適化する仕組みのため、1つのWEBサイトであらゆるデバイスに対応することが可能で、運用するWEBサイトは1つのみとなります。現在ご覧頂いているスタジオ・カズーのWEBサイトもレスポンシブ・ウェブ・デザインとなっていますので、PC上でブラウザのサイズを変更することで表示がどのように最適化されるのかを見ることができます。

BACK